リフォームをはじめる前に.jpg
 
 

リフォームを考えはじめても、皆さんは、様々な迷いが発生するようです。特に最近は、中古住宅やマンションを買った方やリフォーム工事の商談中であったり、これから考えはじめる方からのご相談は年々多くなってきています。

 

特に、大規模リフォームとなるとリフォームか建て替えかで迷う金額である1000万を超える大型リフォームをお考えの方からのご相談は多くなります。もちろん価格だけではなくそれが100万以上の工事であっても、誰しも慎重になってほしいと思っておりますが、このページを読みはじめる方は、いまどんなご心境でしょうか?

  
建築家.jpgそのリフォームについて、まず最初に真面目に勉強される皆さんに注意点をお伝えしておきますので、是非、これからはじめるであろうその工事費用に対しても、お金の感覚だけは絶対にマヒさせないでください。これは、毎日対応しているプロでも、会社の細かい経費などは気にしていても、不思議と家づくりに関してだけはその感覚は間違いなくマヒしています。しかも、皆さんが相談しているそのプロの目的は、工事することが目的でありそのためには契約をすることであり、少しでも売上や利益を高くすることですが、消費者であるあなたの理想は適正価格ですから、発注者の立場となる皆さんは、その感覚は絶対に麻痺させないでください。

  

その感覚を失わないコツとして、リフォームなどのような家づくりの場合、まだカタチとして存在しないものなので、それをわかりやすくするためには、皆さんがその工事金額と同じ額面で買うことができる “これまで買い物されたもの”などとの比較で考えてみることです。


例えば、わかりやすいのが車や旅行。100万で行ける海外旅行や1000万もする車など。たとえ1万でも、日常の生活用品と例える意識を持ってくれぐれも慎重に進めるようにしてください。特に家づくりの場合、カタチが見え比較しやすい車などとは違い、希望や性能、工事内容によって、いとも簡単に高額になったりするのにその見積もり明細などを見ても、さっぱりわからないことだらけで、何が適正≠ネのかわからないかと思います。

 

ですから余計にその点に注意して、よく考えて、意識をして、皆さんは慎重に家づくりを進めて欲しいと願っております。気を抜いたり、横着した途端に相手は売るプロであるので、高額で過剰な家づくりとなったりします。


お金08.jpg皆さんは、日々生活する上で必要となるそれなりの高額≠ネ日常品や電化製品などの買い物をする時には、よく調べもしないで、まぁ、こんなもんか・・・ときっと妥協はしないはずです。ある程度の額がする服ですら、しっかり比較検討されるかと思います。これは、家づくりでも同じであるので、その意識をくれぐれも忘れないようにしてください。特にローンを組まれる方は、お金を手にしないのでカード払いの方と同じく金銭感覚はなくなりがちになりますので要注意です。
 


 
そのリフォーム≠ノついても、ひとことリフォームといえども、色々なケースがあります。例えば、言葉を並べるだけでも、リフォームやリホーム、増改築に改装、営繕や補修や改修。ビフォーアフターや最近では、リモデルやリノベーション(リノベ)などがあり、業界側が意図的であったり、混同されて使われていますが、これをお読みの皆さんがお考えのリフォーム工事は、どんな内容でしょうか?
 

  • 部屋の内装の模様替えをしようかな?
  • キッチンやシステムバスなどの設備機器の交換をしたい!
  • 段差をなくしたり、手摺がほしい
  • 和式のトイレを洗浄付き洋式便器に…
  • 冷えるので断熱性能を上げて床暖房をつけたい!
  • そろそろ屋根工事を・・・
  • わが家は、耐震補強外壁の塗装
  • 間取りを変えて使い勝手をなおしたい!
  • 庭に増築しようかな?  ・・・などなど

   

ご覧のようにちょっとした機器や設備の交換から、屋根の葺き替えに雨樋の交換、外壁の塗り替え、増築や性能向上に耐震性を向上させるかどうかを左右する構造体にまで影響する程の大胆な間取りの変更などの大規模工事までを皆さんは、まとめてリフォーム工事とよんでいます。

以前にも、わが子の友達のおかあさんから「システムバスのカランから水漏れが・・・どこに頼めばいいのかな?」とご相談がありましたが、おそらく皆さんも同じで、経験あればともかく、日頃からそんなことを意識して生活をしていないので、困ったことができても急に依頼先などわかるはずなどないものです。
 
部屋別となれば、トイレや浴室、台所などの単室から、並列する部屋の複合、例えば、浴室と脱衣室、居間と食堂と台所などから、家全体に至る場所までとこれらを整理していくと皆さんがご依頼する会社のタイプだけでも大きく分けて3つにわけることができます。
  

  • 機器交換だけをする営繕工事タイプ
  • 希望通りだけの工事をする元請工事タイプ
  • 間取りの変更などの提案までおこなう提案型タイプ

 
これらを説明する前に、まず皆さんには誤解のないように先に言っておきますが、皆さんが、リフォームをご依頼しようとしている会社が、新築・建替えをしているからと言って、どこの企業も、適正なリフォームの提案や増改築ができるというものではなく、そんな会社にリフォーム工事を依頼すると工事中の配慮にかけたり、段取りが悪かったり、価格が適正でなかったり・・・と色々な問題もあったりします。


工事02.jpgですからプロも日頃からの仕事の関係上、得手・不得手があり、つまりリフォームといえども依頼する工事内容によって適材適所があるものですから、はじめて家づくりを考える人が依頼する際には、そんなことまでよくわからないので、そもそも新築でなく、それが “小さいリフォーム工事” といえども、その依頼先の選択を間違ったりするケースが多いので、失敗したり、不平不満になって、トラブルになったりするものなのです。


もちろん、その要因は他にもあるので一概に言えないですが、皆さんがこの依頼先の選択を間違った選択さえしなければ、リフォーム工事であっても成功するものなのであり、一方で売る立場であるプロは例え “得意でなかったり経験がなくても” 契約してくれそうなお客さんの前では “できない” “得意でない” という事を口にするはずなどないということも認識するようにしてください。


日本の新築や建替えなどに関わる住宅業界では、業界を引っ張る大資本会社の “ハウスメーカー” などが存在していますが、このリフォーム業界には、軸になる会社は、さほど浮かばないもので、代表的なのは、あのまるごとリフォームを扱う会社であり、それが大手不動産会社でしかも明細のないパック価格という名のどんぶり勘定であったりするので、かなりリフォーム業界として混沌としています。


小冊子家づくりバナー.jpg


このリフォーム業界でも、ほんの25年ぐらい前には、業界で3本柱といわれている会社が存在していましたが、業界の様々なシガラミなどにより、それらはいとも簡単に崩れ、現在では、住宅業界のハウスメーカーのようにリフォーム業界を引っ張るだけの影響力を与えたりする会社は、ほぼ存在していません。それだけに競争の激しい厳しい業界ともいえますが、逆に言えば、小さいリフォーム工事であれば、誰でも簡単に参加できる業界であるということも含め、きっとトラブルなどの社会問題の要因にもなっているでしょう。
 
ドンブリ勘定見積.jpg唯一、先ほど取り上げました大手不動産会社がおこなっている “大規模まるごとのパック” のみが事業としては成功していますが、これは本来のリフォームというより、どちらかというとハウスメーカーの企画住宅の発想に近い考えの“パック商品”であり、高額な工事費用の割に細かい見積明細などが一切出てこないことやそれが決して安くない価格であり、曖昧部分も多くて追加やオプション工事などが発生するので、チラシなど広告の価格より高くなるなど新築市場でも問題になっている価格表示となっているので、これがリフォーム工事として理想のカタチとは、決していえない部分もありますが、プロ側の都合で言えば、これも立派な効率化といえるのですが、依頼する側のお客さまにとっては、この効率化という名のパック商品により、明細がない故にどこまでの工事内容をどのような単価(&数量)でしてくれるのか?ということが見えなくなっているのも事実です。
 
しかし現実では、丁寧な提案や見積りをする信頼できる会社ほど、現場によって工事内容や条件が違うはずのリフォーム工事の内容に関して、簡易なパック価格で見積をして契約をすることは、トラブルのもとでありそもそも理解できないと感じている方が多いです。


なので結局は、小さい工事なども多いリフォーム業界では、更地に家を建てる様な簡単な発想ではないので、営業の効率化や利益だけを追求するような方法は、工事内容若しくは、提示する価格に無理が生じると考えると、やはりいかにお客さまの “痒いところに手が届く” サービスを重ね、適正価格で高い経験力と豊富な知識による提案力も持つことがリフォーム会社に必要であるということになると思われます。


現在のリフォーム業界でも、それなりのリフォーム会社であれば、組織的にも大人数となり、ショールームもあったり、提案などがいくら良くても、どうしても営業主体の手法となり、やはり経営の継続のための高い利益が必要となるので、その結果工事金額も高くなりますが、一方、工務店などは、丁寧で安いけど、どうも野暮ったいというのが現状となるようで、相変わらず、今の時代でも訪問販売してくるような知らない会社は、営業的にも工事内容も胡散臭いと感じるようです。


建築家04.jpgまた設計事務所の建築家の方々は、リフォーム工事などは、手間の割に設計監理費が多くとることができないし、リフォームそのものの経験が少ないので、基本的にあまりしたくないという方が多いようですし、仮に商談中の会社が、あまりにも対応が丁寧であれば、当然ながらその分経費も掛かり、その結果、コストが高くなるといったことから、はじめてリフォームされる方には、大変選択しにくい状況となっています。


これは、この業界に20年以上いる私でさえ、今のリフォーム業界は、適正価格で提案力も高く、納得のいく商談の進め方をされて、丁寧な仕事をされるだろうと思われる審査基準を満たすだけの理想とするいい会社≠ニ出会うケースは少なく、新築・建替えの住宅業界からみると数年遅れていて、レベルや意識は、まだまだこれから発展途上の段階でもあり、淘汰されていくところもあり、安定しないまま相変わらず混在する業界のままであるといえるでしょう。


ただし、明らかにひと昔前よりも優れているのは、売るための見せ方と提案する図面の質の高さであり、これはお察しの通り、それなりのコストをかけて広告会社を使ったり、高額なパソコンのCADのソフトを買った結果だけですので、その手法だけでいい会社である≠ニくれぐれも誤解しないようにしてください。


つまり、リフォームの場合は、皆さんが希望する工事内容などにより “適材適所”の業者の選定をしっかりおこない、図面や見積などの提案内容をチェックすることで、基本的に失敗は避けることができるので是非とも今後のご参考にしてください。
  
※クローバー動画.gif

このページの最後にリフォームでご相談される方のご意見をまとめるとこんな感じになります。
 

  • そろそろ、わが家もリフォーム!と考えていますが、とにかく業者が怖い
  • 近くで工事をしますので…や無料診断します!など家まで押しかけられての訪問販売や立地がいいのでモニターとして!などの見本販売を強引にされそうで嫌なんです。
  • 万が一、価格だけに魅力を感じてお願いしても、あとで高額の追加請求をされそうで・・・
  • ネットで調べても色々な情報がありすぎて、結局よくわからないまま混乱して、何を信じていいのかわからなくなります。まして、どこがベストパートナーで、どこが適しているのかなんてわからない…


ハウスネットには、これらのようなご相談者が多く、特に今の時代では、リフォーム会社の強引な営業マンがいるようで、専門用語を羅列されたり、もっともらしい説明もされますから、常識やあたりまえなど何もわからない皆さんは、言葉巧みな営業トークに引っ掛かるかもしれません。
 
しかし、あなたのご家族を含め、ほとんどの方がはじめて経験するリフォームなので、それを相談しているその相手が、契約と売上利益を目的とするリフォーム会社の営業担当者であれば、先方の思惑通りに進むことは推測できますし、知識と経験の差や相反する目的の違い等のギャップは、新築と同じであまりにも違いすぎると言えますので、はじめての方にでもわかるように依頼する前に知っておいてほしいポイント≠まとめていますので是非ご参考にしてください。


>>>リフォームする前に知っておきたいポイント!! 
 

 

 

気軽に相談.jpg

あなたのご家族のリフォームや増改築
ひとりで悩まずに何でも気軽にご相談ください


例え リフォームでも 
高額であることを忘れないでください。


電話 02.jpg 

 __sozai__/0012371.png

家づくりのご相談はこちら