あきらめ 1.jpg

  

家を買うにしても、建替えをするにしても、耐震補強を含めた大規模のまるごとリフォームでもそれなりの規模となりましたら家づくりの費用は1000万円を超えます。

 

営業12.jpg私の経験談でもあるのですが、家づくりの資金計画をすすめていくと待望のマイホームを建てる喜びで、多くの方が気持ちも懐も大きくなり、いつのまにか金銭感覚が麻痺をして『家賃と比較しても変わらないし、多少支払いが増えてもローンなのでなんとかなる!』程度にしか考えないで、つい売り込む営業マンやプロからの悪魔のささやきのように『せっかくですからした方がいいですよ!一生に一度の事ですから・・・といわれて、家づくりを進めてしまいがちになります。

 

ところが、いつのまにか家づくりをはじめた頃のワクワク感は次第に消え、次から次へと追加や別途工事などの費用も積み重なり、新しい住まいで生活を始めるとその住宅ローンの返済もはじまり、さらにこれまでの家に比べて水道代・電気代などの費用も思ったより嵩んだり、色々な税金もかかたり固定費があがります。

 

子育て世代にとっては、これから教育費などが必要となるであろうし、これから先は、不安定な職場環境かもしれないですし、同時に今の時代では、上場して有名だから安全・安心≠ネ会社であるという時代でもなくなってきているのは、マスコミなどを通じてご記憶にあるかと思います。明日は、わが身で全く油断できる時代ではありません。ローンを組んでいるご本人もこの先、右肩上がりで収入があがっていくことも期待できないかもしれません。


そんなことを含め決心した家づくりで、そんな思いで長いローンを組んだ待望の夢のマイホームが、施工不良や欠陥住宅であったり、動線も使い勝手も悪い家だったら・・・ガッカリですが、残念ながら、そんな工事をされてもずっと先々ローンを払い続けなければなりません。家づくりサポート事務局代表である私にも、子供が3人いて、住宅ローンの支払いと平行に高額な教育費などの出費が年々増えています。モノがあふれているだけで決してさほど景気がいいとは実感できないこの時代。月々の支払いは、とっても気になるばかりで、長い期間、住宅ローンを抱えていくわけですから、子供はもちろんの事、大人の我々も心身ともに健康であることが大切であると思います。

 

そのためにも、家族が耐震性も高くて安心して暮らせ、断熱性能もあって快適な家を無駄や無理、無茶をしない経済的な家づくりを適正価格≠ナ建てたいと思うのは、あたりまえことなのであり、私自身が経験している子育てを含めて不安なども持ちながらも、しっかりと考えた家づくりに関して、その経緯やそれらに関わる価格にこだわりたいのです。

 

今、必要とされている家づくりは、売り手の都合で説得されたり、都合の悪いことを隠したり、何かと売りつけたり、押し付けたりするようなことではなく、ちゃんとした内容でちゃんとした真面目な方々でちゃんとした家をご家族にあった適正価格で建ててほしいだけではないでしょうか?

 

では、その適性価格でいい家をつくることは、そんなにむずかしいことなのでしょうか?

 

・・・いいえ。むずかしくはありません。これらは、消費者であり発注者でもあり建主でもあるあなたのご家族と一緒に所々のポイントを押えて一つ一つチェックして進めていけば可能なのですが、その様々な家づくりの方法があることをこれまでに経験がないあなたご自身がわかるはずもないので、だからこそ客観的な第3者の立場で家づくりサポートを必要と考えておられる方が多いのであろうと思われます。

 

でも、それらの様々な方法について例をあげないとはじめて家づくりをされる方には、きっとわかりにくいと思いますので、これまでの実例をここで書きますが、これぞまさしく住人十色の嘘偽りのない正直な家づくりと言えます。

 

住人十色の楽しい家づくりの実例

 

  1. 希望する内容が可能な優良な家づくり会社と商談・比較・検討
  2. 商談中のハウスメーカーと並行に進めてしっかりと比較
  3. 手元にあるプランで優良登録店で見積比較
  4. リフォームと建替えを平行に検討し、方向性を決める
  5. 建築家と工務店とハウスメーカーで提案を競わせる
  6. ラフプランだけを建築家に作成依頼
  7. 工法に規制はありませんので色々な工法で検討
  8. 今商談中のプラン・見積もりをチェック
  9. プランを固めて、原価からの逆算をして適正価格をつかむ
  10. ピックアップした商品での企画住宅で建てる

 

 

いかがですか? 


ほんの一例ですがこんな様々な家づくりがあるのですが、これらの事例の中で、例9のプロジェクトでつくる家を少しご説明してみましょう。 


あきらめ4身の丈ハウス.jpg

例えば、実例9のプロジェクトでは、要望をヒアリングして、まずはコストなどを考慮しながらもプランを作成し、それに準じた仕様や性能を決め、事務局で原価見積書を作成して、適正な利益を逆算した見積書を優良登録店にチェックして見積もり調整をおこなう正直で嘘偽りのないガラス張りの家づくりです。

 

家 模型01.jpgその施工する優良登録店は、経営状態はもちろん、価格力もあり、これまでのアフターを含めた対応でも評価の高い家づくり会社であったり、卸しをしている会社の住宅事業部であったり、そのうちの1社は、誰もが知っている上場会社の超一流ハウスメーカーの協力業者として活躍されている工務店も入ってますので、高い技術力と丁寧でかつ経済的な家づくりが実現するのです。

  

基本設計や確認申請作業や図面の整備は、自社の設計部や外注とする設計事務所(建築家)がおこないますが、仮に設計事務所が絡んだとしてもその設計に関する費用は、消費者が直接建築家と家づくりをする場合の価格の半分以下となっており、これらの家づくりに関しての総合プロデュースやサポートやお手伝いするのは、もちろんハウスネット事務局となります。

 

ただし、経済的な家づくりをするための至って真面目に取り組む手間暇のかかるプロジェクトとなっておりますので、この家づくりサポートができるのは、これらをご理解いただける愚直で真面目な家づくりを希望されるご家族だけですので、くれぐれも冷やかしは、ご遠慮願います。詳しくは、こちらの価格が見える家づくり専用ホームページまで 

 

 

 

あなたの家づくりに関してもご相談があれば、
24時間受け付けの相談フォーム

電話 02.jpg

 

 

>>>TOPページ