リフォーム業者の賢い選択の方法 

 

このページでは、リフォーム業者の上手な選び方をまとめて皆さんにお伝えしましょう。

 

 

1.まず最初にリフォーム業者がどんな会社があるのか?

 

これまで一番利用頻度が高かったのは、おそらく大工さんでしょう。これは、従来、知り合いであったり、ご近所にいたりで気軽に頼みやすかったからであるといえます。

なので小さい工事は、大工さんや工務店で・・・と思われる方も多く、いわゆる顔が利く¥鼾は、特にいい材料で、比較的価格の安いものを提案してくれたり、きっちり予算の中で仕上げてくれるというメリットがあったかと思います。 

 

賢い選択1.jpgしかしながら、世代交代した今では、ライフスタイルを変えたり、使い勝手をよくしたいなどを希望された場合、その大工や工務店ではモノ足らなく感じることになり、果たして
希望するイメージを理解し、提案ができるのかどうかを冷静に見極めないといけなくなってきています。


ちなみに大工さんは職人であり、大工の経験は長くても設計を習ったわけでもないので、基本的にプランニングや設計に関して弱い方が多いものです。 

 

一方、リフォーム専門業者は、リフォーム工事を専門にしているわけですから、マンションのリフォームや間取り変更などは、こちらのほうが経験もアイデアも豊富と理解できます。もちろん、いくらプランがよくても、採用する設備機器や建築資材によってイメージがかなり変わります。

  
でも、そんなリフォーム専門会社でも、自社で職人を抱える事は経営においてリスクとなるので、現場で工事をするのは、協力業者(下請)の工務店となるので、これは、ハウスメーカーの家づくりの図式と同じく、理屈で言えば工事金額は、大工さんや工務店などより必ず高くなるはずです。

 

よって、その工事に関しても、特殊な工法やマンションである場合は、同タイプの工事経験が豊富な工務店や専門にしている業者に頼む方が賢い選択と言えるでしょう。
 
特にリフォームの場合は、設備機器交換など小規模でも頼まなくてはならないケースもありますが、このような工事は、リフォーム専門会社や総合工事請負会社などに頼まず、その分野の業者に頼むのもひとつの方法といえます。 
 
つまり、リフォームへの要望をきちんとしたカタチにするためには、営繕・請負、そして提案の要望によって、依頼先を替える必要があると言えます。わかりやすいのが、畳の交換であるなら、リフォーム会社に言わず畳屋に頼むという発想です。



2.業者にも得手・不得手の分野があります

 

リフォームでは、建物や要望によって、臨機応変に技術を使いこなすことがとても大事になってきます。リフォーム業者でも技術的には、どんな事でもできるのですが、どういった種類の工事をどれだけの数をこなしているかで自然にその業者の得手、不得手ができ、出来上がりに差が出てくるようになります。 

 

賢い選択2.jpgあなたもそうした業者側の事情を知っていれば、若しくは、あまり経験のない事がわかっていれば、とんでもない出来上がりになることはある程度察しがつくでしょうが、この点を知らなければ、やはり多大な期待をして大きな工事を任せてしまうことになるでしょう。


でも、いくら知らなかったとはいえ、頼んでしまった以上は、依頼者であるあなたにも責任はあります。リフォームでは、こんなことがトラブルに発展する一因であったりします。

 

意外に多いのが、建築知識の乏しい会社に耐震補強や増改築など構造体をさわる工事などを依頼すると高額になったり、取り返しのつかない工事をしたりする会社もあったりします。


そのためにまずは、様々な会社の選択ができるようにじっくり考えて、あなたがリフォームをしたい事を依頼する前にしっかり考えて列記してみましょう。それだけで、あなたに出される資料を見れば、ある程度適正な依頼先は見えてきます。


 

3.マンションのリフォームは、専門の業者がよい!?


マンションのリフォームを一戸建て専門業者やマンション工事が未経験の大工に頼んだりすると事前に管理組合に通告して、許可を得てから工事をすすめるといったマンション特有のルールを考慮しないことがよくあります。
 
こうした決まりや注意点を知った上でリフォームしてもらわないと、マンションのリフォーム工事では、大きなトラブルになることがありますので、一概には言えないのですが、リフォームしているから・・・という基準だけで判断するのではなく、マンションリフォームを理解している会社が理想であると言えます。


 

4.小は大を兼ねない!?

 

戸建てにおける増築工事では、大工職人の他に左官、設備工事、屋根工事など、様々な職人の手を借りて、お互い都合し協力しあって仕事をしています。

小さな営繕や設備程度の工事などだけの経験がない会社では、監督者などが不在であることも多く、そうなれば、横の連携がうまくいかないのでまとまった工期が取れないから工程が組めなかったりと仕事が途切れ、途切れになることが多くあります。


つまり下請けの都合による工程となるケースが多いのです。

 

賢い選択3.jpgだから、事後処理やメンテナンスについても同様の理由でなかなか来てくれない結果になることも多いようで、依頼先が
監理者不在で、粗悪なリフォーム会社などの場合は、予算的に資金面でも苦しい時などは、材料費を安くすませるために在庫品を使うこともあったりするようです。

 

もちろんリフォーム業者の全てが、このような会社ばかりではありませんが、中には、そのような会社が存在することも知っておきましょう。 

しかしながら、小さい工事も頼みやすく、小回りがきくという点では、手軽にやってもらえる街の大工には、どこの会社もかなわないでしょう。



5.水まわりなどの修理は必ず専門の業者に頼む


水道の漏れを大工さんが見ても何の解決にもなりません。大工がさわって、トラブルが生じても、発注先や技術者の選択を間違えた依頼者側の責任でもあります。そういう意味でも、小さな工事ほど適材適所といえるのです。



6.知り合いに頼むのも善し悪し


賢い選択4.jpg知り合いや親戚に“リフォームや新築などの家づくり”を頼む方がおられますが、何か問題があった場合、結局は、気兼ねして言えなかったり、我慢することが増えることになり、クライアント側である施主・建て主がクレームがつけにくくなり、ストレスになったりするようです。
 
知り合いというだけで、遠慮して、リフォームが目的であるにもかかわらず、事後のお付き合いのことまで考えて、後悔される方も多いようです。知り合いであるなら、場合によってはこちらの事情をよく飲み込めているという最大のメリットもありますが、そのようなデメリットも同時にあることを知った上でご依頼しましょう。
 
楽しいはずの家づくりが、遠慮や気疲れなどによる過大なストレスにだけはならないでください。意外に多いものです。この後悔。


7.価格だけで判断しない


リフォーム会社は、工務店同様に経営上、地域密着型の会社が理想とされています。そのためには、何か問題が発生した場合、今までの事を水の泡にさせないように、自ら仕事に対する責任を課している会社に頼むのがよいでしょう。同時に依頼する前に、経営者または営業責任者とオハナシをされるのもいいでしょう。

 

賢い選択5.jpgあなたのご家族だけは決して、窓口となる住宅営業マンとだけのお付き合いをするようなことは避けるべきで、その理由は、退職・転職すれば、一切ご縁がなくなるからです。


繰り返しお伝えしますが、面倒だから・・・という理由だけで1社にだけ依頼せずに、リフォームは、その工事範囲や規模、内容によってその依頼先を使い分けるのが一番です。



8.過去の事例も実際に見せてもらいましょう。

 

実は、これは出来上がってしまった現場に関しては、あまり効果はありません。というのもプロは、単価の高くて、施工状態のよい現場だけに案内するからなのです。


それよりも、ご近所で施工されている時に見せてもらうなど、施工中の現場を見たほうが、職人の仕事ぶりや現場への姿勢などもわかるので依頼先の選定としては、効果はあると言えます。


基本的に新築も同じですが、仕事場である現場の整理整頓をしていない、できていない会社は、関係性や姿勢の問題であり、丁寧に対応する事に繋がる事にはならないので、そのような相手であれば、依頼することを考え直した方が賢明かもしれません。

仮に気にいった大工などがいれば、その人を指定して待つ事もひとつの方法といえるでしょう。

 

 

9.新築した会社だから・・・ 

 

“わが家の工法が特殊なので・・・” とか “親切だから・・・” “この家を建てた会社だから間違いない!”と思われ、ハウスメーカーなどの新築のメンテナンス部にリフォームの提案や価格も比較もしないで、ご依頼される方も多いようですが、それら全てを否定をしませんが、これまでのその会社の対応をチェックしてみてください。

賢い選択6.jpg以前は、メンテナンスなど全く来なかったのに急に来るようになったり、まだ、見積もり段階なのに “大工を連れて来ます!”といった対応をするような会社は、今一度依頼先として、よく考えてから最終的にご判断されたほうがいいと思います。


もちろん工法の不備など特殊なことであれば、元請けであるハウスメーカーに対応してもらうべきなのですが、屋根の葺き替えや外壁の塗り替え、設備の交換やクロスの張り替えなどは、基本的に数社で比較検討するべきかと思います。


一部のハウスメーカーを除く企業はとかく、新築市場が冷えた時に リフォームを強化する! という報道が繰り返され、リフォームのスタッフも新築部門で使えなかった住宅営業担当者がリフォームに転属されたりしているケースが多いのもので、そんな体制づくりが果たして、本当にお客さまの事を思って、対応をして仕組みが構築されていると言えるのだろうか?


その企業が、本当にお客さまのことを思うのであれば、竣工引き渡しの時からしっかりしたアフターフォロー体制は、できているはず。


またそのメンテナンス部にリフォームを依頼したとしても競合先がなく、商談にも価格にも緊張感≠ェないので、結果的に頼むこととしても、必ず他社との見積り比較は、怠らないようにしてください。それだけで驚く金額の差が生じます。



10.会社概要やホームページである程度わかる?


特にデザインリフォームを希望する方は、簡単に判断ができる方法があります。それは、手元に届く資料やホームページである程度その会社の実力は、判断ができます。
  
まずその会社が、リフォームを得意としているのか?新築専門なのか?建設会社などは意外にも、ビルや学校といった建物や建売分譲などの不動産系が専門だったりすることもあります。
 
おそらく 資料やホームページに施工例などを掲載しているぐらいですので、その実例には自信を持っているからなのであり、それであれば、あなたはその実例を見たうえで、ご自分の感性を信じて判断されればいいと思います。 
  
しかし、現実では、不動産屋や大工、小さな工務店などはホームページを持っていないという感覚でもおわかりのように、ホームページだけで判断できない熱心で丁寧な会社などは、たくさん存在しているのも現実なのです。


ホームページの良しあしだけでリフォーム会社の良しあしが判断ができないのも事実なのです。


 


 

あなたもこれらのリフォーム会社の賢い10の選び方をご参考にして上手で適正なリフォームをすすめてください。


依頼する会社の選択や判断基準など進める上でなにかご不明があれば、アドバイスやサポートをいたしますので東住吉区にある住宅相談サポートセンターにご遠慮なくご相談ください。

 



あなたも、リフォームも
楽しく、経済的に!!

 


お気軽にご相談ください

06-7897-8002

ホームページからのご相談はこちら

リフォームガイドブック
失敗しないリフォームの方法≠ヘ こちらまで

 

 

 

>>>TOP PAGE