家づくり経緯.jpg
  

現在の家づくりの問題点として考えられるのは


@ 家づくり(リフォーム含)の経緯の問題点 
A 家づくり(リフォーム含)に関して無駄と感じる問題点 
B リフォーム業界そのものの仕組みの問題点に関して 


これら3点をしっかりと抽出していけば、問題点が見えてきますので、このページでは、これらのことを皆さんにお伝えしていきます。


家づくり経緯1.jpg

 

まず最初は、現在の新築・建替え及びリフォームなどの@家づくりの経緯の問題点について、考えられる要素を並べてみます。特にリフォームか建て替えか迷っている人は、気を付ける点や問題点がきっと見えてくると思いますのでご参考にしてください。

 

 

経緯の問題点1
曖昧でわからない部分が多い

 

 


家づくり経緯2.jpgこれは、新築・建替えを含める家づくり全体に言えることなのですが、依頼する側、つまり発注するお客さんは、ほとんどの方が未経験の素人であり、よくわからないまま進めていかなければいけないのに対して、
その相談をしている相手は、できるだけ高い売上げや粗利額での契約を目的としている家づくり会社窓口の方となっています。


よーいドン!の段階では、なんとなくお客さま主導のようでありますが、気がつけばいつの間にか売り手側に主導権が移っていて、プロ主導のプロにとっては都合のいい家づくりとなっています。
 
もちろん、企業として売上や粗利が絶対主義なので、ある程度は、仕方がないと考えれますが、その立場の者があなたの相談の対応をするから、適正でもない相手とおかしな家づくりとなるのであり、例えそのプロがあなたに相応しくなくても、あなたご自身が経験もなく理解もしにくいので、正当な判断ができないまま、家づくりの内容より、窓口の人柄や単純に価格だけに魅力を感じて、契約して工事を依頼することになってしまいます。

 

これらは、この住宅業界ではこれまでの常識であっても、はじめて家づくりをされる方でも社会的、一般的に考えるとおかしい…とご判断もでき、ご理解できるかと思います。対応される方の人柄だけで判断して、服は買わないものなのです。質に対しての価格が適正であり、服のデザインがよくて、さらに対応がよい店だから買うものであります。


__sozai__/0012212.gif

経緯の問題点2
その
選択する相手の間違い。



家づくり経緯3.jpg仮にあなたが、大規模リフォームか、建て替えかを迷っている場合、ハウスメーカーかリフォーム会社か、はたまた建築家か工務店か、どなたにご相談されるでしょうか? 

  
その答えは、可能性のある様々な方にご相談すべきなのです。

 

つまり、建て替えとリフォームに関してはベツモノとしてわけて考えで適材適所にご相談すべきであります。これらを “家づくり≠竍建築≠ニいうひと括りに考えて、混同されて相談するから選択段階での失敗したりするのです。

 

例えば、リフォーム会社などは、本業がリフォームであるからこそ建て替えを否定し、ハウスメーカーなどの場合であれば、自分の業績となるので、間違いなく建て替えを推奨されることになったりするのですが、当然ながら、それぞれに得手・不得手があり、先ほども言いましたが、会社や営業マンには、それぞれ自分の仕事に対して、毎月のように目標ノルマの達成が仕事なので立場というものがあるからです。

 

ですので新築部門の営業担当者は、リフォームを受注しても、自分の業績に反映されませんし、そもそもリフォームを知らない人も多く、企画住宅の商品でない のでよくわからないからあなたに提案したり売ることができないのです。もちろん、逆も然りです。

 

であれば、希望する内容に対して適材適所な相手を選ぶべきであると考えることができます。


__sozai__/0012212.gif


経緯の問題点3
その情報源がそもそも
偏った考え。

 


あなたが、家づくりをする会社、例えばリフォームの会社を見つける手段として、どんな方法があるのかを考えてみてください。

 
よくわからないので、明確に決めないで漠然となんとなく訪問する住宅展示場。
でも、そこにあるのは、新築や建て替えの企画住宅の商品のモデルハウス。ところが、あなたは、現在住んでいる住宅の耐震補強+大規模リフォームをお考えです。しかも、そこにいる営業担当者は、その新築の新商品を売る営業マンであったりします。

 

迷っているあなたには、その営業マンは あなたに何を売ります?

 

 


家づくり経緯4.jpg次に 雑誌で考えてみましょう。


お近くの本屋に行くと、リフォームの雑誌では、今ではDIYをのぞいては大手の雑誌社が発行するものぐらいです。その雑誌ですが、実は掲載することが無料ではなく、掲載するために1回あたり最低でも100万近い金額が必要となってきます。


あなたが仮に家づくり会社、しかも中小の経営者の立場として考えて、この金額が高額であるか否かは、常識範囲でわかってくると思います。仮に掲載すれば、投資した金額の元を回収するために、資料請求のあったお客さんに対して、
執拗に営業活動をしなければならなくなるのです。

 

ホームページに関しても、どこの会社のホームページも見ても、そのリフォームがどういう問題で、どのようにしてどう解決したのかはほとんど書かれていなくて、各社の事例などの自慢ばかりのホームページとなっているので、どこがどう違うのかは、価格以外に判断できないのが現実でしょう。 


かといって、チラシに掲載されているものは、価格だけを見ればとても魅力的なのですが、その価格の表示そのものが疑問で、特にリフォームの場合、契約後や工事が終了してから、多額の追加請求をされたという話を聞いたことがあるあなたは、とても怖く感じるようです。



__sozai__/0012212.gif

  経緯の問題点4
わからないまま選ばなければならない



それでもあなたは、なんとか資料請求をして、資料など送られてきた会社数社に絞り、問い合わせをして訪問してもらうことになります。
 

そう選ぶ基準は “なんとなくいい感じなので・・・” 

 

もちろんこの選定した判断基準は、手元に届いた資料だけで、実は これが、最初の選択の間違いとなる原因 となるのです。 

 
家づくり経緯5.jpgお客さまに届く住宅業界の資料などは、ある程度それなりの費用をかけて、広告宣伝会社などに依頼すれば、立派なツールとして出来上がります。もう一度言いますが、
ある程度のお金をかければ・・・です。

  

さて、前出の掲載費用やこれらのツールなどのお金は、誰が負担することになるのか?をよく考えてみてください。

しかも、プロは契約が目的であるので、あなたに適正でなくても、プロは自ら “適正でない” とか “できない、経験ない” とは言うはずもありません。 
  
この最初の選択の判断基準は、あなたの手元に届く資料だけでしか判断することができないので、適正・不適正の判定は、結局は、不明のままで進めることになり、この問題点をクリアにしない限り、家づくり業界の問題点は、解決できないだろうとハウスネットは考えています。



__sozai__/0012212.gif 

 

経緯の問題点5
簡単に数社
集まるネットサービスに関して




家づくり経緯6.jpgハウスネットを始めたころは存在しなかったのですが、最近では、ホームページ上で設計コンペやリフォームに関して、たくさんの工務店やリフォーム店など家づくりをする会社を登録させ、あなたとの商談を面談なしでそのホームページだけで集めて、ご紹介するポータルサイトがいくつもあります。
  
これは、先にご説明した雑誌とあまり変わらず、いわゆる紙媒体の雑誌がネット上で展開されているだけであり、適正であるかどうかの判断ではなく、早いもの勝ちで数社申し込まれてきた会社から、
未経験で知識のないあなたに対して事務的に紹介された会社を結局は、自らの判断で決めなければいけません。


これらも手元に届く感じのよい資料やメールなどの対応だけで依頼先の選別をしなければならないのは、先の3の問題と何ら変わりはありません。 
 
しかも、リフォームのサイトなどでは、あなたが登録した商談に関して、適正でなく、“早い者勝ち”若しくはエリアで決められた会社のみという点などが、その選定基準があなたのご家族が希望する家づくりに関してベストかは不明で、これも、プロ側の都合の仕組みであるとも考えられ、住宅業界の問題点は、なにひとつ改善できていません。 

 

__sozai__/0012212.gif

 

経緯の問題点6
自らの判断で検討しなければならない




家づくり経緯7.jpg家づくりにおける要望や打合せした内容が含まれているのかどうかなど、何もわからないはずの
あなたご自身が見積もりやプランなどをチェックして、判断していかなければなりません。


しかも、あなたに出される書式といえば、各社それぞれのプランと見積もり書式であり、価格も明細もなにもかも違うので、それらの全ての判断は、なにもわかるはずのないあなたご自身となるのです。

  

これも、この住宅業界独特なプロ側の都合の家づくりと仕組みといえるでしょう。誰かが客観的な意見やアドバイスがありサポートしてあげなければ、わかるはずなどありません。

 

__sozai__/0012212.gif

 

経緯の問題点7
ご予算以下におさまることは、ほぼありません




真面目で一生懸命に調べたあなたが、家づくりを依頼するプロである業者に予算を聞かれたので、○○万円とあなたが答えるとその見積もりや提案は、それ以下でおさまるようなことはありません。

 

家づくり経緯8.jpgこれも先で申し上げたように、あなたが相談(商談)している相手は、あなたと少しでも高く契約できることを目的とされています。これは企業としては、当然のことであり、企業の代表者としての営業担当であれば、仕方がないと思われます。 

  
ところがあなたは、できるだけ予算内で満足する家づくりをしたい!予算が少し余れば、○○を買いたい!などと考えているはずです。


でも現実は、どこの会社も正直に伝えたあなたの足元を見るように提案と見積もりを出されてきます。 しかし、はじめて家づくりの経験をするあなたは、当然ながら、なんの防衛策もない・・・これも、やはり現在の家づくりがおかしいと言えます。


__sozai__/0012212.gif 

経緯の問題点8
手元に届く 見積書

  



家づくり経緯9.jpgやっとプランも決まり、あなたの手元に届く家づくりに関しての見積り書。
 

しかし、その価格が適正なのか、希望の内容の工事になっているのか、見積書がそもそもいいのか悪いのか、含まれているのか含まれていないのか、無駄が多いのか少ないのか、高いのか安いのか・・・など全く判断できません。


その住まいづくり 『まぁ 何とかなるだろう・・・』 という買い物の額ではないのです。 

  



__sozai__/0012212.gif

経緯の問題点9
それでも選択しなければならない 



家づくり経緯10.jpgなにもわからなくても、各社から、プランも見積書なども提出され、それらの営業提案の中からあなたは、どこの会社に依頼するのかを抜粋しなければなりません。
 
ところが、そもそもの判断基準がわからないあなたは、その判断基準は、対応してくれる窓口の営業マンや経営者の人の良さであったり、実はとても危険であるが最もわかりやすい金額だけで判断 したりするのです。 
 
なにもわからないあなたは、それなりに一生懸命してきましたが、これらは、適正でないかもしれない会社に窓口の人柄や価格だけで判断した結果、後々後悔する家づくり(リフォーム含)になる可能性を秘めながらのスタート=契約となります。


なにもかもわからないまま続いていく 半信半疑の家づくりをする会社の選択、これが大きな問題なのです。

 

 

いかがですか? 



これが 今の住宅業界において家づくりの経緯の問題点≠ニ言えるのです。あなたも、是非ともしっかり読んで対策を講じてください。
もしわからないのであれば、メールでも電話でもご遠慮なくご相談ください。



その他、価格についてとリフォーム業界そのものの問題点については以下をClick!




家づくりが 高額になるその理由  

リフォーム業界そのものの問題点は これ!

 

 

 

>>>このページのTOP 

>>>TOPページ