家づくりが高額になるその理由

       
よく目にする会社はなぜ?.jpg

住宅&リフォーム業界に長く携わる者として、リフォームを含める今の家づくりそのものが客観的に見ても無駄が多い≠ニ感じることをこのページでは書き並べてみました。 これらの点を避けていけば、あなたの家づくりに無駄がなくなり経済的で適正価格になり、依頼する会社が見えてきます。

    

雑誌への掲載費用が高い

フリーペーパー.jpg駅ではフリーペーパーとしてあったり、お近くの本屋に行けば、そのフリーペーパー誌を作成している某大手会社から家づくりの専門誌が発売されていますが、フリーペーパーとほぼ同じ会社が掲載されていますが、それらの雑誌へ掲載するための費用や差別化するための送る資料などを考慮すると100万円以上かかる事になりますので、それは決して安くはありません。

 

しかも、掲載されている数々の会社と必ず競合しますので、送られてきた資料や窓口の営業担当者の良し悪しだけで判断したりする結果につながる事になりますが、そんなことまであまり考えない消費者が、それらの雑誌から資料請求すると住宅展示場でアンケート答えた時のように営業攻勢がかかる理由がこれです。


もちろんこれって、もし契約できなければ、その会社の経営は費用対効果が悪くなりますので、競合先に勝てるだけの営業力に自信がある会社でなければ、勝ち目がないってことになりますので掲載する写真は、高額な物件だけど、掲載している価格はそれとは合致していない価格を掲載する事になりますのでご注意いただきたい。


そんなことを考えるとこれって消費者である建て主にとってもプロにとってもお互いリスキーな事に高額な費用をかけて、騙すような手法やテクニック?で告知していることになってしまいます。


 

経営者から見た非効率な集客単価

費用対効果とリスク。これは、依頼主であり消費者である皆さまも、中小(零細含む)の家づくりをする会社の経営者も必ず考え、避けなければいけませんが、先ほどの雑誌であれば、100万弱の費用を払わなければなりませんし、それが例えチラシ配布であっても、大量に配布する場合は、その制作費用と配布代を考えると同じように莫大な費用がかかります。

 

しかしながら、それらは1件でも契約になれば、それらの経費に関してある程度吸収できるかもしれませんが、実質の利益額が大きく減るわけですし、もし1件も契約ができなければ、それはその会社にとって高額な出費となり、しかもそれらを挽回するためには、以降に契約するお客さまから回収する必要になるので、適正価格ではなく普段より高額で契約しなければなりませんが、さて?これって、本当にお客さまが望んでいることでしょうか?



できるだけ高い工事費用になるような提案をする

上の理屈からも、家づくりを依頼する立場の皆さんが、できるだけムダのない経済的で効率のいい適正価格の家づくりを望んでも、営業という立場で接する場合、少しでも挽回しようとあなたに対して過剰提案したり、適正価格とは言えない工事内容を出して契約に結びつけなければいけませんので、そのために、なにもわからないあなたが、例え必要性を感じていなくても、売り込む立場であるプロは、なんとかしてあなたに様々な手法・話法でさせようと仕向けていきますが、さて、このようなカタチが理想の家づくといえるのでしょうか?



もちろんモデルハウスやショールームは・・・

ショールーム2.jpg時折、中小の家づくり会社やリフォーム専門会社であっても、モデルハウスやショールームを構えている会社を見かけますが、先ほどのように集客費用だけでも、経費がかかるのに、さらに高い経費が必要となるショールームやモデルハウスなどは、それこそ単価の安いリフォーム工事で本当に必要だろうか? それらのコストは契約するお客さまに対して、そうでないなら大切にしなければいけないはずの職人さんなどに負担を強いることにならないのだろうか?いずれにしても、それらの高額な経費の負担を誰かにさせることになる事が果たして、理想のいい販売方法といえるのか?と感じております。

 

これらは住宅展示場で建てるハウスメーカーのモデルハウスを使った営業手法が、リフォーム業界にも流れていると考えられますが、そもそもリフォームと新築の見積の出し方が違い、同時に建材や設備機器メーカー(パナソニックやリクシルやTOTO)のショールームや工事中や竣工した現場などで十分に説明でき、理解できると思われますが、皆さんはこれらの点をどのように感じますでしょうか?



その結果、契約1件に対してのコストが・・・

宣伝や広告に営業経費をかければかけるほど、それを目にする依頼主でもあるお客さんは、とっても立派な会社に見えますが、これらの経費は、これまででも書いているように結局は、誰かに負担がいく仕組みとなっています。競合先がいなければ出される価格が高額となり、競合先が多くて価格が厳しい場合は、職人や現場に負担がいきますが、それが現場ででるので消費者の満足度が低くなります。

 

しかも、それらの宣伝や広告を見たお客さんへの執着や押し付け、さらに説得営業にまでもつながり、何とかしてハンコを押してもらって契約できるまで逃がさない!という関係になってしまいますが、これが皆さんに対しての執拗さや足元を見る営業をされることになったりします。



__sozai__/0022632.jpg 家づくりでそもそも営業マンは 必要か?

契約する際にカタチがない家づくりの場合、特にリフォームの場合は、現場対応で様々な状況などを想定しなければならないので、新築に比べると単価は低いですが、実は新築や建て替えより建築的な知識と準備が必要となるのですが、リフォーム工事の窓口となっている営業担当者は、残念ながら口は達者でも建築に関して明るくなく、どちらかというと無知な方が多いのが現状であります。

 

同時に彼らは、会社から課せられるノルマや目標設定が存在しているのも現状で、それらの成績に対して成功報酬としての仕組みが多いのも現実ですが、日本の家づくりが高額になったり、トラブルになる理由であると考えられるこの建築に無知な人が多い営業マンが成功報酬を受ける仕組みそのものですが、果たして、不動産業やリフォームを含む住宅業界の家づくりで本当に必要な仕組みと言えるのだろうか?百害あって一利なし?のような気がしております。



一見、仕組みができているように見えるが・・・

新築に比べて単価が小さい故にリフォーム業界でよく話題になることがあります。それは体制としてベストなのは、一貫体制か?分業制か?≠ナ、これはあなたのリフォーム工事に対して、最初に訪問した担当者が、プラン作成から見積もり、発注、現場の監督まで一貫でする場合と営業や設計者が窓口となり途中から、社内で工事担当者に引き継ぐ分業制という意味でありますが、他には、営業・設計・発注・工事とすべてにおいて分業となっているケースもあったりしますが、比較的、前者のような一貫性でなんでもするのが少人数の会社ほどその傾向であり、リフォーム会社や住宅会社、ハウスメーカーなどの組織的な会社ほど後者となります。

 

営業08.jpgいずれにしても依頼する立場であるあなたにすれば、最初の段階で女性と男性などが来た場合、とてもシステマチックに対応してくれている印象をもたれますが、これも冷静に考えていただくとすぐにわかりますが、人が増えれば増えるほどその会社にとって人件費が多く必要となります。1件に対して、2人で対応するのであれば2倍、3人であれば3倍の人件費が必要となってしまいますが、さて、これらの経費についても工事を依頼するお客さまが負担しなければならないのであります。

 

かといって、リフォームなどでは、社内で一貫体制ですればするほど効率は良さそうに見えますが、結果的に個人商店となったり、意外にも一貫でできる人は、さほど存在しないものでありますが、これがリフォーム経営のむずかしいところなのです。



あれもこれも 手間がかかるものばかり

担当者などが、あなたの家にご訪問して、商談する時間やプランニングを作成する時間や見積もりをする時間などほとんどの会社では、無料でしてもらえますが、必ず契約になるとも言えず、その人件費のコストは、積み重ねれば大変な額になり、結局は、その会社の経費負担となります。これについても、何とかシンプルにスッキリしたいと考えてしまいます。

 

 

メンテ 工具.jpg

 

いかがですか?

 

こうしてみると新築・建て替えやリフォームをする家づくりは、まだまだ無駄が多く見直す点が多いと言え、このようなこれまでの課題や問題点を何も改善しないまま、あの手この手で営業活動されては、ある日突然消えたりして繰り返されています。これまでの住宅業界の体質の改善やあたりまえと思われている常識を覆さない限り、世界で高いと言われている日本の家づくりに関する問題点などは、改善できないと感じています。


是非、みんなで協力して、これらの経済的で適正価格の家づくりの方法を考えていきましょう!きっとそれが本当の家づくりのカタチだと思います。 

 

 

その他の問題点 

 ●現在の家づくりの流れの問題点は こちら

 ●リフォーム業界の問題点は こちら

 

小冊子家づくりバナー.jpg

 

家づくりのご相談窓口

電話 02.jpg

ホームページからのご相談は上をクリック!

 

>>> このページのTOP 

>>>TOPページ