経済的で無駄のない家づくり 〜ハートと理屈

 

心と理屈.jpg

 

「土地はないが、建て売りは買いたくない!」「建替えや新築を考えたいけど予算も限られているが、できるだけ家族にあった間取りを色々と考えたい!」

 

こんな時にどうしても浮かんでくるのがローコスト住宅でありますが、同時に消費者の立場である皆さんも、差がよくわからないが故に欠陥住宅のイメージにつながりやすく、その結果、不安や疑わしく心配になるのもこのローコスト住宅でありますが、さて、家づくりで同じ事をしているのに、なぜローコスト=安くできるのか・・・という点を考えてみましょう。


まず最初にローコスト≠ニいう限り本当に安いのか?という点が疑問でありますが、最もよくあるケースは、チラシや雑誌ホームページなどの広告媒体で掲載している価格など最初の入口部分ではそう見えても、商談をしていくとあれもこれも別途やオプションとされていて、結局はあたりまえ≠烽オくは、ケースによっては適正価格以上≠フ価格になってローコストではない標準またはやや高い住宅価格となっている事が多いようです。

 

とかく企画住宅のローコスト系の会社にしか、提案することができない様に感じている方もおられますが、逆にいえば、そのローコスト系の会社が企画住宅≠ニして意識していることと同じように消費者の皆さんもルールさえ守れば、価格はおさえることができるものであり、これらについて、家づくりをしていく際に意識するか、無視をして計画をするかで最終的な価格に大いに影響するものなのです。


豚貯金.jpgですので、これらの“ルール”の説明が一切ないので嘘と感じてしまう建物本体のみの坪単価&\現と自由≠ニ言いながらも、プロが企画化した仕様から選ぶだけの家づくりをするように決められた企画住宅のレールにのり、一切の融通が通らなかったり、仮に通っても高額であったり、契約後に出てくる別途や追加工事の価格が市場価格より高額に感じたり、それらがあまりにも安ければヤスカロウワルカロウを押し付けられているのでは?という不信感をもつようになったり、的確で冷静な判断ができなくなって踏み込めない方も多いようです。

 

ということは、ヤスモノというイメージにつながるローコスト≠ニいう表現そのものが、適正でないかもしれませんし、実際にまやかしも感じるので、ハウスネットが提案する家づくりでは、これまでもこのローコスト≠ニいう言葉を使うことなく、経済的で無駄のない家づくりとして表現をしてきており、結局は、消費者も供給側も、お互いにコストを下げるという同じ目的意識を持たない限り、経済的で無駄のない家づくりになることはないといえるのです。

  
しかもこれからの時代、人口減少に加え、職人不足で住宅価格がこうとをしていくであろう時代ですので薄利多売の経営そのものが無理であり、結果的に少しでも高い売上や高利益を求める事になるのでローコスト住宅≠ニいうことそのものが、現代にはマッチングしていないとも言え、住宅業界でこの言葉は次第に消えていくのでは?と予想しております。


また、コストが安い事をウリとしている建築家であっても、どれだけ住宅価格が安くできたとしても、高額な設計監理費を計上されてしまえば、依頼者の立場である皆さんからすれば、それを含めた価格も予算の内ですし、その予算が必要となれば、住宅本体に対する予算がその分削られる理屈で、せっかくの苦労も全て水の泡となることも多いようです。

 
HN (52).jpgあるお客さまなどは、日曜大工が趣味で、ここから先は自分で作る楽しみにしておきます!という方もおられましたが、実はこの発想も素晴らしく経済的で無駄のない家づくりといえ、家具や間仕切り、ウッドデッキや壁の塗装や仕上げなど、家が竣工する時に全てを最初から造りこまずに、時間をかけて次第に完成させていくということを考えてみてはいかがでしょうか?

 

子供部屋の収納には、建具が必要である!という固定概念を外すだけで、単純にその戸の費用(定価5−10万以上)が今すぐ必要でなくなるという理屈で、棚と簡単なカーテンだけという収納としっかりした内装建具を取り付けるということだけで定価10万/箇所ほどの違いも出てくるのです。


家族4人や5人がいる家庭と夫婦だけや3人家族が、同じ家の大きさを求めるのもおかしなものですし、将来はご夫婦だけになる事も多いでしょうし、年1回か2回泊まりにくる来客のために贅沢なスペースを空けておくのも、もったいないとも無駄とも言えるのです。

 

また前でも書きましたが、部屋を共有する!という発想も必要であり、過去に海外の人からウサギ小屋≠ニ揶揄された日本の住宅を今一度見直すべきかと思います。“兼ねる”という点では、本当によくできているのです。

 

和室.jpg戸襖を外すと大部屋になる。これも兼ねてます。テレビを見るところと食事をするところ、昼寝するところとこれらも兼ねています。寝るときは布団を敷き、それ以外は布団をあげるで、これも兼ねています。

  
生活スタイルが、和式から洋式になった途端に年がら年中ベッドを置くためや普段床に腰を下ろしているのに大きなソファなどを置くから日本でもそのために広い部屋や余分な部屋が必要となり、そのための床面積に対して家づくりの費用も必要となるのですが、住宅業界のマーケティング手法に踊らされていませんか?

 

小さくても快適な家、広く感じる家、メンテナンスも楽な家、年月が経過するほど味のある家、無駄のない家そんな家づくりを意識すれば、必ず経済的であると感じることになります。


ハウスネットは これからもそんな家づくりをしっかりと考えていきます。

 

経済的 ハート4.jpg

 

 

__sozai__/0012183.jpg

 

前のページ

最初のページに戻る