コストダウンの知恵 〜ランニングコスト編

 

家づくりをする際のコストダウンも大切なのですが、生活する上でのランニングコストも大切なことであります。

 

通風&採光に配慮してランニングコストの節約に

 

光と水.jpg夏の熱気が外へ抜ける間取りや冬に太陽光が部屋へ差し込む窓の配置。そんな配慮があると風さえあれば、エアコンなどに頼らない暮らしが実現できます。

 

同じ窓でも通風用と採光用。南向きの窓は、冬の日差しには有効ですが、夏の日差し対策のために庇などを設ける事が有効となり、また熱気が抜けるのは、スケルトン階段は有効となりますが、冬の冷気まで影響するので扉をつけるなどの対策が必要です。



 軒や庇の浅い建物の対策


窓外.jpgかといって、とかく最近の建物は、キューブ型のすっきりしたデザインが多いので庇や軒がない家が多いもので、そのため日ざしを遮るのは困難で、この場合、LOW-eのガラスで対応する家が多いのですが、冬のポカポカまで遮る事になるので、ガラスの種類に注意してさらに必要に応じて日陰をつくれれば効果大であります。

その事例とすれば、YKKなどでは、右の写真のような昔のよしずや簾の役割をするようなアウターシェードやオーニングがあります。

 


 屋根、外壁、床の断熱をしっかりと。


結露.jpg省エネ住宅の基本は、断熱工事をおろそかにしない事です。そのためには家を囲む屋根、壁、床下に断熱材をしっかりと張りめぐらす事で、しっかりと断熱された住宅は、冷暖房費を節約できますが、同時にしっかりと結露対策もしなければいけませんのでご注意が必要です。

  

ただし、断熱材は、ただ採用すればいいというものではなく、採用する素材の種類や厚みによってその効果に差があり、価格が高ければ良い、安ければ悪いというものでもありませんので、安易なご判断にはご注意ください。なお、窓のペアガラスは、新築・建て替えの場合は今の時代は常識であり、枠を樹脂製にするか否かです。



 床暖房は オススメ


床暖房の採用後の満足度は、とても高いものとなっています。心地よい温度に保ち、広い空間でも上下の温度差が少なく、空気も乾燥しないので、子供やお年寄りにもやさしい暖房機器と言えますが、無垢の床には不向きで、床暖房対応が可能な無垢の床材はありますが、熱によって反らないように加工されているので、高額となり、同時に無垢の質感が損なわれている商品も多いですので、安請負をしないでよく検討される必要があります。



 照明器具もよく検討を


12111405.jpg照明器具の電球についても、色々な種類を付ければ、予備も沢山の種類が必要となるので要注意です。ただ最近では、LEDが主流になりつつありますので、以前よりも交換をする回数は減りますが、いずれにしても交換がしやすいもので、数と電球についてはしっかりと検討していても損はないです。



 交換時期・メンテナンスもしっかり考慮


空調機器などはもちろん、給湯器を含めたシステムキッチンやシステムバスなどの設備機器や屋根・外壁・内装など含め、10年から15年経過すれば交換時期が次から次へと必要となってきます。また、そうでなくても台風や地震などで突然被災することもありえますが、いずれにしても、例えば、天井付の空調機器などは、天井ダクト配管など交換する際には多額な費用が掛かりますし、給湯器についても、コージェネタイプであれば交換時期にコストがかかるのはあたりまえですし、屋根外壁なども業者に依頼する場合などは、それなりのコストが必要となりますのでそのあたりも含めてしっかりと採用する仕様について考慮しましょう。

 

素人でも塗装やメンテができる素材であればいうことはないですが、なかなか難しい選択となります。