工務店を探すことのむずかしさ・・・

工務店を探すむずかしさ.jpg  

   
未だに後を絶たない家づくりのトラブル。

 
契約前に約束したはずのことが、現場で全くできていなかったり、打合せしたのに見積もりに入っていると思っていたことが別途であったり、あとからの追加工事で高い請求金額をされたり、とても使い勝手の悪い間取りであったり。。。


これらは、全て契約前にきっちり押さえておけば問題ない事ばかりですが、しかし、発注の際に自社の利益を多く残すために、貢献してくれているはずの協力業者などへの支払い額を値切り、その結果それが原因で現場でできていなかったり、支払いを止めたり…ということなど消費者の見えないところで業界の裏側で繰り返されています。これは、発注者となる消費者の本意でなくても・・・なのです。

  
つまり、あなたにとってはじめての家づくりでも、相談している相手が、商談のプロ≠ナ売ることが仕事。そのプロとは、リフォーム会社やハウスメーカー・住宅会社・不動産会社、そして、建設会社や工務店や建築家などまでも考えられます。

 

メンテ 工具.jpg仮にそれが家を建替えるという場合だけでも、ハウスメーカーと工務店、最近では、建築家というケースも増えてきていますが、不動産会社に対して中古住宅や分譲住宅や建売などを仲介や購入される方はおられますが、わざわざ不動産会社に建て替えを依頼するというケースは、あまり聞きませんから不思議なことです。
 
であるのに、土地から探している人は、建築条件付の土地では、ほとんどがその不動産会社の都合で聞いたこともない、ホームページもない下請け工務店に丸投げされて建てるのに、土地だけに魅力を感じ、その家づくりで大切な部分である適正な依頼先選びを慎重に見極めないで工事をご依頼され、結果的にトラブルになられている方も多いようです。

 
これらのようによく考えてみると家を建てているのは、職人である大工さんを含めた工務店で、もちろんハウスメーカーや不動産会社、リフォーム会社に頼まれても、最終的には協力業社としての工務店が建てることになります。もちろん建築家と家づくりをする場合でも、設計監理までお願いしても、施工するのは工務店であり、建築家が建てるわけではありません。

 
これまでの家づくりでも、その建築家や不動産会社、リフォーム会社やハウスメーカーなどを通じて工務店(個人の大工を含みます)にお願いしたケースは多いと思いますが、それでも現在でもまだ50%以上の人が工務店に直接家づくりを依頼しているという現状もありますが、しかしながらこの工務店ですら様々なタイプがあり、はじめて家を建てる人には、よくわからないことが多いようです。

    
では、あなたが選んだことがある若しくは選ぶであろう工務店は、あなたの家を要望通り建てる事ができるのでしょうか?その他の気になる点は、クリアできているのでしょうか?

 
  • 施工力は高くても、設計力と提案力は弱いのでは!?
  • そもそも施工力はあるの!?
  • 資金繰り・経営状態は 大丈夫なの!?
  • 知人なので遠慮する結果、高くなるのでは!?
  • 工務店という名のハウスメーカー的営業手法では!?
  • 元請であっても丸投げする!? 
  • そもそも元請経験がないのでは!?

 
などあなたが、はじめての家づくりをするのにも拘らず、これらの様々な要素の検討が必要で、それぞれについての実態や現実問題などをこのページでは書いてみます。ちなみにここでの工務店という表現は、ハウスメーカー以外をほぼ全て指しています。リフォーム会社や地域の小さな住宅会社や建設会社などという表現もありますが、それも含めてハウスメーカー以外を工務店≠ニいう括りで表現をしています。


【8割の工務店の実態】 

 もちろんこの割合は感覚であり、これまで仕事を通じて100社以上の様々な工務店の経営者とお話する機会がたくさんありました。その工務店を大きく分けると8:1:1に分かれます。

 

その中で大きく占める80%の工務店は、実はハウスメーカーや不動産会社、分譲会社やゼネコンなどの協力会社として活動されているところがほとんどで、場合によっては、協力業社の協力、つまり孫請けとして活動されているところも存在したりします。

 

探す02.jpgだから、ハウスメーカーが指す工務店≠ニいうのは、このような自社の協力業者として活動している工務店の事を指しているケースが多く、ここに位置する工務店は、知人や親せき以外は、基本お客さまと直接元請契約をしない会社が多いのも現状で、その昔ハウスメーカーがまだ存在しない時代は、ご近所のよしみという事で、営業しなくてもご近所から直接仕事が頼まれた時代で、競合などもなく、待っていても仕事が舞い込んできた時代で、もちろんそんな中でも信頼関係も立派に存在した上にであります。

 

ところが現在では、ハウスメーカーの営業手法が主流になり、それをただ傍観していただけの“待ち”の工務店が、はたと気づいた時には既に遅くて、結果的に広告宣伝をして敷居を低くした魅力的な住宅展示場でモデルハウスを建て、システマチックに家づくりをするハウスメーカーに依頼される事が多くなりました。

 

そのハウスメーカーは、これまで工務店より営業マンの対応、ブランド力・営業手法・提案力やプレゼン力、さらにスピーディーさも加味されて、機動力と宣伝力によりそれを信じて、新しい家づくりというリスクを負いながら、建て主自身がハウスメーカーを大きなブランドと会社に育ててきた・・・という考えをすることもできます。


しかしこれまでハウスメーカーであっても、木造の老舗の殖産住宅のように倒産した会社などは、価格競争や生き残りをかけた結果であり、それを信じた建主と多大なる協力をしてきた工務店をはじめとする協力業社の経営や職人の生活を一気に追い詰める事になったという現実もあります。


高い施工力を持ちながらも100%ハウスメーカーの協力業者だけをしている工務店の経営者は、常にこのような危機感を感じながら、同時に現在の家づくりに疑問をもちながらでも、生活のために辞めることができないという気持ちと戦っているのも現状ですので、是非とも理解してあげて欲しいものです。


これらの現象は、何年かのズレがあるもののリフォーム業界にも、同じような現象がおきますが、残念ながら高い施工力や価格力はあっても、建て主の要望を聞いてそれを提案したり、高い施工力と価格に魅力があっても、元請の経験がないのでどうしても、ソフトな部分がモノ足らずで、その部分で建て主にとって不平や不満になっているケースも多いので、それらが結果的にさほど経験できない家づくりで失敗したかな?と感じてしまうというのが現実のようですが、だからこそそこでダメ!ということではなく、適正といえる価格で高い施工力があるそのような工務店の短所を補えさえすれば、施主にとっていい家づくりが可能であるという発想もできるからハウスネットでは、そんな家づくりのサポートや提案ができます。


【建築家と絡む1割の工務店】    

上記8割に含まれない、協力業社でない1割の工務店は、建築家と組まれています。こういう工務店は、設計事務所にまめに訪問したり、作品が多いのでホームページを見ればすぐにわかります。プロのカメラマンが、撮影した外観や内観の写真を沢山見る事ができるでしょう。

 

建築家03.jpgかし、いかにもそれらは作品であり、特に雑誌やホームページでは、施工したのが工務店であるにもかかわらず “著作権“という事を理由にいくらその会社が丁寧に施工しても、どこかに必ず○○設計事務所を掲載するようにと注文をする建築家が沢山おられ、中には、工務店に対して、ホームページには一切掲載するな!と指示する建築家もおられるから、この感覚は同じ業界人として理解できないところです。

 

ここで少し余談となりますが、建築家の作品が掲載されているあなたが買った雑誌の掲載にも、必ず理由があります。その雑誌では、建築設計事務所協会などと提携していて、いくら実力を持った設計力の高い工務店が、掲載を申し込んでも掲載される事はありません。仮に掲載される時には、高額な費用を要求されます(実際にされました)


その他に建築家プロデュース会社と提携したり、雑誌社側はネタ探し、建築家は広告宣伝として喜んで、情報提供をされます。しかし、同じように重要であるはずの施工した工務店さんの扱いはいつも小さかったりします。


他には、大手会社発行の比較的売価の安い雑誌などは、さも取材のように書いておりますが、掲載料が高く、工務店にとっては、ページが多いほど、掲載する事に営業経費が圧迫されるはずで、不器用な営業であるがゆえに高額であるので掲載をためらうことになるのです。そのような雑誌に高額な費用をかけて掲載した住宅会社が相次いで倒産したのも現実であり、印象的で象徴されているといえるでしょう。


ですので、雑誌へよく掲載されている工務店は、それこそ営業テクニックとしての手法かもしれませんので、お問合せをする際には、価格を含めそれなりの心構えをしてください。本当にいい家づくりをしていても、不器用な工務店は控えめで、営業的な住宅会社は、積極的であるというのも現実であります。 


小冊子家づくりバナー.jpg

 
【あなたが探している本当の意味の工務店】

素敵な家づくりをしたいと願っている皆さんが探している理想の工務店というのは、実は、あと残りの1割程度で、経営状態、価格力・商談力・施工力をバランスよく兼ね備えた工務店です。(※提案力や設計力は、設計士でも建築家でもカバーはできます)

 

プロ.jpgこの1割の中からあなたが希望する家。例えば、輸入住宅のような飽きのこないデザイン、例えば、純和風のようなデザイン・・・などに対応できる依頼先を探さなければならないわけですから、家の希望や夢を持つ人にとって、家づくりのパートナー探しのむずかしさがおわかりいただけるかと思いますし、逆にいえば、家づくりに関してあまり夢や要望のない人は、だからこそどんな会社にでも気軽にお願いできる!とも言えます。

 

つまり、事例で大雑把に家のデザインが5種類あったとしましょう。ご推奨できる良い工務店が全体の確率的に10%ということは、45社も探さなければならない理屈です。これが3タイプとしても27社となりますが、果たして、あなたは理想の工務店に辿りつくことができるのでしょうか?

 

しかも、相性・プラン、そして価格も比較検討したい!と誰もが願うはずで、業界に長くいるハウスネット事務局代表である私が、日常いろいろなネットワークを通じて、“いい工務店”を探すことをしていても、それはそれは、とってもむずかしく、かといって、あなたは、せっかくの楽しいはずの家づくり。どこかで妥協しなければならないのでしょうか?


あなたのまわりのご友人や知り合いの方から家づくり、こんなもんかとあきらめて妥協した=E・・とお聞きしたことありませんか?


しかも、あなたが工務店に正直にこんな家、御社で可能ですか?≠ニ尋ねても、できません!と応える事のできる会社は、ほとんどいません。逆にそれが言える会社は、信じていいでしょう。

 

でも、残念ながらあなたが希望している家は、対応できないのです。できる≠ニできているような・・・≠ヘ違うのです。これらは、感情的にならずに、冷静に判断しなければなりません。

 

これらのようなその場の判断が消費者でありながらも、はじめての家づくりだからむずかしいのであり、同時に現在の家づくりって、なにかおかしいと感じますよね。

 

この一見、理想の工務店に見える中にも、建て主にとって、少し厄介な工務店がいます。ハウスメーカーの売り方の真似をして、モデルハウスを建て、元ハウスメーカー出身の営業マンを雇い、高いツールを用意し、実際とは違う安い坪単価表示のチラシなどで集客して、来場したお客さんを未決定の段階で仮契約まで追い込ませ、契約後にあれこれ追加やオプション費用として調整する方法は、まさに小さいハウスメーカーと言えるような家づくりをする工務店も多く存在します。

 

そういったノウハウを高額で売っている家づくりのフランチャイズの本部が存在したり、そんなハウスメーカーの売り方を真似しようと加盟する工務店の経営者も存在するから、中小零細である工務店が大手の真似をするというまさしく本末転倒であると感じます。工務店は、これまで比較的にこのような家づくりを批判していたはず。

 

そんな質より数を捌くことや利益だけを考えられた家が建ち並ぶから、海外と比べても、日本の街並みは、少しもよくならないのかな?と感じたりします。

 

時間をかけてよく探せば、真面目な工務店は、大きな広告宣伝費をかけることよりも、ご縁のあったお客さまへのサービスを徹底的に満足させることがベストである思う経営者がいる工務店とマッチングすることはありえます。


そもそもできる、できないの判断が消費者側が全くできない仕組みになっている現状の家づくりは、相変わらず、これらはプロのご都合であり、こう一つ一つ考えても、日本の家づくりは、はじめての方には、とてもむずかしい!といえると思います。


だから、はじめての家づくりの方も、プロである工務店などもサポートをして、この考えに、賛同していただける建築業界の皆様に支えていただき、この家づくりサポート事務局を運営していく主旨がこれらからの方向性でもおわかりいただけるかと思います。


それともあなたは、リスクを負いながら家づくりのなにもかも自分でジャッジできますか?

 

  あなたの家づくり 楽しくサポートします。
ハウスネット家づくりサポート&パートナー探し支援事務局   

多田 ヒロシ

  
  家づくりのご相談は
電話 02.jpg

  次項有 相談フォーム  

資料請求