地震に強い家

 

家でき9.jpg

構造が強い家を建てるのは あたりまえのこと

 

阪神大震災、東日本大震災、熊本地震など、皆さんにとってもまだ記憶に新しい事かと思います。これらのように日本の各地で大きな地震が起きていますので、やはり日本は地震大国です。
  
その大きな地震や耐震偽造問題などがおこるたびに建築基準法は大幅に改正されつづけ、皆さんにとっては、次第に安心できる家づくりとなっていっています。
  
その阪神淡路大震災の時も、倒壊しているほとんどの家は、建築基準法が変わる以前の古い家やビルであり、新しくても工事中であったり、そもそも欠陥ではと疑いのある建売住宅が多く見かけました。

 

特に既にご存知のように大幅に建築基準法が改正された1981年以前の建物は、質よりも数を求められていた時代でもあり、基礎も危険で、建て替えをするか、重い瓦を軽いものにしたりして、大幅な耐震補強をする必要があるといえます。

 

新築や建て替えをする場合、地震に強い、構造が強いというのは、器である家の絶対条件でありますが、今の時代は、過剰反応しなくても、根拠あること構造で常識ある姿勢で取り組めば、それほど簡単に倒壊することなどありません。
  
家でき10.jpgそれでも、2階建てで在来工法で構造計算をしないことが心配であるならば、あなたの住まいは、構造計算をしっかりとしてもらえばいいのです。
 
あとできるだけ、地震で倒れる家具を寝ている場所の横に置かないような計画してほしいと願っております。

 

 

 

 

__sozai__/0012185.jpg