坪単価に頼らない

家でき20.jpg

     

同じ大きさでも 要望で価格が違うもの

 

住宅やリフォームを売る側とすれば、興味を持っていただくために広告物の坪単価の価格を安く見せようと思えば、何でもかんでも別途やオプションとして、できるだけ建築本体価格をおとせばいいのです。
  
同時に車庫やポーチ、吹き抜けなど部屋でない部分の面積もしっかりと床面積に含めば、分母となる延べ床面積を簡単に増やすことができるので、坪当たりの価格は下がる理屈になります。
  
だから、ローコスト系の住宅会社にメーターモジュールが多いのも実はこの発想で、大きな家も小さな家も最も費用が掛かる部分である水まわりについては、同じ設備機器などが入っているので、廊下や部屋などの床や壁の面積が増えていくだけなので、家の大きさが大きくなればなるほど自然に坪単価は下がる理屈になります。

  
ですので、別会社の見積比較については、プランが同じでかつ性能と仕様が同じではじめて、価格の高い安いの比較ができるのであって、同じ坪数であっても、プランも違って、性能も仕様もそれぞれ違えば、坪単価だけで安い高いという判断は、とってもおかしな話であまり意味がないことなのです。
 
つまり、この理屈で言えば、同じ家の大きさで同じ性能と仕様であっても、間仕切りが多ければ、壁の工事部分が多くなるので高くなるのはあたりまえですし、壁が少なければ、安くなる事もあたりまえなのです。
  
扉や床材などの資材やキッチンなどの設備機器を大量に仕入れている!ということを未だに“ウリ言葉”にしている住宅会社がありますが、それ以上に販売するための広告やモデルハウス、組織としての人員の多大な経費が計上されているので、結果的に消費者に還元されているとは言えないものです。
  
無駄なコストをかけずに、これまでのお客さまとのおつきあいを大切にして、リピートや紹介を増やす行動をして合理的にコツコツ家づくりを供給している会社を見つけてくださいね!

 

__sozai__/0012185.jpg