お金をかけるところ 無駄を省くところ

 

家でき21.jpg

 

全体ではなく バランスよく

 

あなたは、家づくりをするその住まいに何年暮らすつもりでしょうか?
おそらくできるだけ長くと誰もが考えると思います。
  
しかし現実は、建築費用が限りなくあるわけでもなく、ご予算はあるかと思いますのですが、誰もがある程度の性能は、確保したいと考えるかと思います。予算がさほどないからといって、耐震力がない性能の悪い欠陥住宅を望む方がいないことは、おわかりいただけるかと思います。
  
ですので、その予算に関しては、全体的に性能や質を落とすという発想ではなく、そのご予算のかけ方のバランスを考えながら身の丈に応じた家づくりをすべきかと思います。 
  
壁の張り替えや塗り替え、システムキッチンやバス、洗面化粧台などは、先々リフォームでも比較的簡単にできます。極端にいえば、壁などはその気になって自分でしようと思えばDIYでできるわけですが、かといって、基礎や構造、窓や断熱性能などは、簡単にできるものではない事もご理解いただけるかと思います。

  
これらの点を考慮し、プランの際に廊下や部屋など人が通るだけの無駄な部分を省くことや子供室の収納扉をカーテンにするなど窓や建具や壁などもできるだけ減らし、家のカタチもシンプルに考え、生活する際にできるだけクーラーに頼らないような風を通す暮らし方を考えた家づくりを意識されることです。

  
もちろん体と同じく、家もメンテナンスも必要なのです。

 

 

土地から探す方は 左をクリック
建て替えの方は 右をクリック

__sozai__/0012185.jpg __sozai__/0012183.jpg