チェックする

 

家でき35.jpg 

 

契約前でも沢山のことをチェックする

 

家づくりを進めるにあたり様々なことをチェックする必要があります。
商談中の会話や提案されたプラン、見積もり明細や契約内容にアフター対応と適正価格。

   
信頼しているからノーチェックというのは、あまりにも粗雑で、これまで打ち合わせした内容が、図面や見積もりなどに盛り込まれていないことなどがあれば、結果的に別途や追加などが発生して高額な買い物となってしまうことにつながったりしますので避けるようにしましょう。
  
とはいうものの、はじめての家づくりで何をどうしてチェックしたらいいのかわからない書類や図面などが多かったりします。
    
実際にちゃんとした見積書などは明細などもありますが、全ての項目に関して、項目と単価と面積や本数が掛けられて価格として計上されるものです。大きな買い物なのでどんぶり勘定などあり得ないのです。これが基本。 

つまり、家づくりというのは、工事過程において全てに費用がそのように蓄積、つまり積算されていくもので、わからないからお任せなどしないで、できるだけ図面や見積もり内容を理解するようにするようにしましょう。
 
これは、ハウスメーカーなどに多い1枚見積のどんぶり勘定タイプの簡易見積で1式表現が多い見積もり書ならなおさらのこと細かい点を確認しなければいけないものなのです。
   
その1式について、あなたが思っている1式と売る側が都合よく思っている1式が違うもので、くれぐれもそれらを図面か書式で確認するように心がけることを意識することが大切であります。

 

 

__sozai__/0012185.jpg